忍者ブログ

南木曽バイオマス発電所を慎重に

ブログ説明もそぐわなくなったので書き直します。 長野県木曽郡南木曽町で 南木曽バイオマス発電所計画は、第一回目は、国道19号線脇道土地が狭くて頓挫、二回目は、蘭地区森地籍土地の地主に嫌われ取得出来ずに頓挫いたしまして、3回目は木曽路館、特殊精鉱さまの土地にて大手ゼネコン会社の計画が出てき 材料の工面できずに頓挫 3回も頓挫してるのに まだ南木曽地区では、試みようとしてます。暮らす住民の意向も無視されて 

発電所の収支、テレビクローズアップ現代 「急増!バイオマス発電 ~資源争奪戦」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

発電所の収支、テレビクローズアップ現代 「急増!バイオマス発電 ~資源争奪戦」

http://woody-biomass-utilities.blogspot.jp/
バイオマスの収支というサイト
かなり、、燃料次第でプラスに持っていくのは難しそうですね

http://www.dailymotion.com/video/x2hmjdh
以前 NHKテレビ テレビクローズアップ現代 「急増!バイオマス発電 ~資源争奪戦」ですが
↑に放送が見られるリンクみつけました。見られていない方は、是非見てください

南木曽町の近隣、事業のモデルで岐阜県瑞浪市にて、木質バイオマス発電所が稼働して 燃料の集まる算段にて、その思惑のように燃料の木材が集まらずに、苦労しているようです。他の新聞でも
読みましたがバイオマスの乱立、製紙会社との木材の丸太の取り合いが起こっていて、丸太価格の高騰など起こっているようです。

当地 南木曽町の発電所計画、大林組さんの算段では燃料は集まるとおっしゃってましたが
テレビの情報にて岐阜県瑞浪地区方面より燃料の供給は考えられない。岐阜県裏木曽地区にて、大規模な合板工場が出来ていて、破材など岐阜県のバイオマスに使われると

塩尻市でもFパワー計画にて発電所が計画され 木曽の木材はそちらに 主に供給されると聞きました。ここも工場隣接にてその加工されたものあまり 破材を使うと

また 海外輸入のヤシ柄を燃料にとか書いてありましたが これも発電所の乱立で高騰していると聞きました。当地では 燃料の永年的な供給は足りなくなるのではということですし また
燃やすだけに丸太を切り倒して、山の保水能力を維持できなくなると思われます。

当地、南木曽バイオマス発電所は、燃料の供給が難しくなると思われます。
それでも、、やりますか?

拍手[0回]

PR

コメント

忍者カウンター

プロフィール

HN:
ken
年齢:
48
性別:
男性
誕生日:
1968/12/11
職業:
表具師
趣味:
PC
自己紹介:
長野県木曽郡南木曽町吾妻 蘭地区在住


P R

最新トラックバック